医院のご紹介
蕨(わらび)駅東口で開業し30年、地域の皆様の四肢、体幹の痛みや、健康管理に携わって来ました。
人間は直立二足歩行動物であるが故に肩凝り、腰痛、関節痛、扁平足障害に宿命的に悩まされて来ました。
私は大学病院、蕨市立病院を始め公的病院での勤務医を含めて40年の臨床経験を生かして病気の原因を究明し、治療方法、日常の過ごし方などについて皆様と共に同じ目線で考え、痛みのない楽しい人生を送るためのサポーターになります。
治療は病気の本質を知って初めてスタートします。
是非一度ご来院して頂き、お気軽に御相談下さい。

[資 格]

・医学博士 ・日本整形外科学会指定専門医

院長  河野 柳一
蕨(わらび)駅東口で開業し30年、地域の皆様の四肢、体幹の痛みや、健康管理に携わって来ました。
これまで大学病院、都立病院、民間病院や離島勤務など様々な地域治療を経験し、救急外傷治療をメインに、関節・脊椎疾患など幅広く学んできました。また、学生時代はアメリカンフットボール部に所属し、医師となってからはサーフィンを趣味としているため、スポーツ整形外科にも興味を持って取り組んでおります。
私自身が、スポーツ障害である、頸椎症や前十字靭帯断裂の手術を受けているため、人にはわかってもらえない痛みの辛さや、日常生活の不安・不自由さなども共感でき、より患者様に近い立場での治療ができると思っています。
これからは地域の皆様の、痛みのない健康寿命維持や、日常生活・スポーツへの早期復帰に少しでも貢献できるように、院長ともども精一杯頑張っていきたいと思います。

[経歴]
2000年 東京医科大学卒業、
東京医科大学病院整形外科入局
大島医療センター、東京医科大学茨城医療センター、
都立大塚病院、明理会中央総合病院などに勤務した後、
2017年11月河野整形外科に副院長として就任。



[資 格]

・医学博士 ・日本整形外科学会指定専門医
・認定スポーツ医
・認定運動器リハビリテーション医

院長  河野 柳一
当院の理念

整形外科、リハビリテーション科、スポーツ整形地域の皆様が健康で長生きするために!!

①運動器の障害、外傷などによる各種痛みのかかりつけ医に
運動器とは骨・関節、脊髄、筋・腱・靭帯など人のからだを支える重要な構造物です。
これらの障害からくる頚部痛・腰痛・各種関節痛・手足の痛みやしびれ、骨折・打撲・捻挫などの外傷、スポーツによる運動器の痛みなどを、適切に診断・治療し痛みのない生活を送れるよう取り組んでいきます。
②地域中核病院、他科診療所とのスムーズな診療連携
顔の見えるネットワークを生かし、質の高い医療の提供をモットーに診療いたします。特に神経・靭帯などのより正確な診断・治療に必要なMRIや、手術が必要だと判断されるような症状の際は、当院より近隣の総合病院へ紹介させていただきます。なお、MRIの結果診断は当院でも可能です。
紹介先病院:戸田中央総合病院蕨市立病院済生会川口総合病院川口工業総合病院
 川口市立医療センターなど

河野整形外科
〒335-0002
埼玉県蕨市塚越1-4-8ヤマナガビル2F
TEL:048-443-7411
■診療時間/午前9:00~12:30
午後15:00~18:30
■休診日/木曜日・土曜日午後
日曜・祭日

河野整形外科
河野整形外科
河野整形外科
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-4-8ヤマナガビル2F TEL:048-443-7411
Copyright (C) 河野整形外科 All rights reserved.