医院のご紹介
超音波診断装置『超音波検査(エコー)』で、 より正確でスピーディーな診断が可能になりました。
整形外科における画像診断は、昔からレントゲン撮影が一般的です。レントゲンはまず骨を見る検査で、骨以外の筋肉・靭帯などの軟部組織を見たい場合や、より詳細な画像診断にはCTやMRIが必要でした。しかし、これらの検査はクリニックなどの小規模施設で行うことが困難です。
そこで近年、その場でリアルタイムに骨以外の組織も見ることが可能となった超音波診断装置が注目を集めています。超音波検査(エコー)は、内科や産婦人科で広く用いられている検査方法で、人の耳には聞こえない超音波を体の外から当てることにより、放射線を浴びることなく内部の状態をその場で映像にして表示することが可能です。
当院ではこの超音波診断装置を導入し、レントゲンによる骨の診断以外にも、筋肉・靭帯・神経などの軟部組織の状態をより正確でスピーディーに診断できるように心がけております。
例えば、従来は捻挫に対しレントゲン撮影をし、“骨に異常なく単なる捻挫”という診断名として経過観察になっていた患者様に対し、超音波検査を行うことにより靱帯損傷または断裂という病態が確認できることもあります。このように、整形外科領域では軟部組織損傷を伴っていることが多く、超音波検査によりこの軟部組織の状態が確認できることで、より患者様個人の症状にあった治療が可能となると考えております。
超音波の特徴
動くものが見える
レントゲン、CT、MRIなどは体を動かないようにして撮影しますが、超音波検査では動くものをそのまま見ることが出来るので、靭帯断裂、腱損傷などを動かしながら確認することで詳細な異常を調べることができます。
注射を正確に安全にできる 
整形外科では各種部位に注射をしますが、超音波を使えば正確に注射できるだけでなく、神経や血管などを確認し避けることが可能となるので、これらの大事な組織を傷つける危険を少なくできます。

検査方法
検査部位もしくは超音波検査機器(プローベ)にゼリーを塗り、診察部位に軽く押しあてておこないます。患者様と一緒にその場でリアルタイムにモニターを見ながら診断をすることが出来ます。また、あまり体を動かす必要がないため検査による痛みが少なく、放射線などの身体にあたえる影響もないため、妊婦の方でも安心して検査を受けていただくことが可能です。
河野整形外科

河野整形外科
〒335-0002
埼玉県蕨市塚越1-4-8ヤマナガビル2F
TEL:048-443-7411
■診療時間/午前9:00~12:30
午後15:00~18:30
■休診日/木曜日・土曜日午後
日曜・祭日

河野整形外科
河野整形外科
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-4-8ヤマナガビル2F TEL:048-443-7411
Copyright (C) 河野整形外科 All rights reserved.